アトピーへのステロイド使用の注意点

アトピー性皮膚炎の治療に「ステロイド外用薬」の使用は欠かすことが出来ません。ただ、ステロイドの使用に関してネガティブな情報も多々あります
そこでステロイド使用に関する最新情報を含め使用する際の注意点について纏めてみましたのでご紹介します。

ステロイドとは

ステロイド(副腎皮質ホルモン、コルチゾール)は腎臓の上にある副腎と言う内分泌器官で作られます。

体内に元々あるホルモンの一種で、人間の体の活動性や恒常性の維持や糖質、脂質の代謝に関係し生命活動に欠かすことが出来ない物質。

その合成薬が「ステロイド外用薬」になります。

アトピー性皮膚炎の治療の主流となる外用薬ですが、その効果の強さによって次の5段階に分けられています。

Ⅰ群    ストロンゲスト:SG
Ⅱ群    ベリーストロング:VS
Ⅲ群    ストロング:S
Ⅳ群    マイルド(ミディアム):M
Ⅴ群    ウイーク:W

つまりアトピー性皮膚炎の症状によって使い分ける必要があると言う事です

 

副作用はある?

「ステロイド」と聞くと何か強い副作用がって体に害が出るなどと言った噂を聞くことがあります。

最近は少なくなりましたが、その理由として、元々内服や注射用として開発されたステロイドを全身的な副作用を軽減し局所にしっかり効果を出すために開発されました。

 

 

この事がごちゃ混ぜになり、さらにはスポーツ選手のドーピング問題に関してもステロイドホルモン剤が関与した事実などもあり間違ったイメージが浸透してしまったようです。

よく言われることとして

*ステロイド依存症・・一度使うとやめられなくなる

*リバウンド・・やめると症状がぶり返す

この2つはあくまでも使い方に問題があります。

次に
*皮膚が黒くなる・・確かにそうなることもありますがこれは皮膚の修復過程において出る自然な現象で心配ありません。

また骨がボロボロになると言う事は絶対になく、これは内服薬や注射との情報の錯綜が原因です。

関連記事:ファムズベビーで赤ちゃんの湿疹・アトピーをケア!

 

アトピー性皮膚炎の分類

アトピー性皮膚炎は症状の程度によって四段階に分類されます。

『軽度』面積に関わらず、皮膚炎が軽度の状態。腫れたり、じゅくじゅくしたりはしていない

『中等度』全身の皮膚の10%未満がカサカサして赤みを帯びたり白い粉がふいたような状態

『重症』全身の皮膚の10%以上30%未満にカサカサや赤みが現れ酷くなった状態で腫れも見られるようになる

『最重症』強い炎症が全身の30% 症状がさらに悪化し腫れ赤みを帯びて盛り上がりじゅくじゅくした体液もにじむようになる。

 

ステロイド使用の注意点

ここまでご説明してきたことから分かるように、アトピー性皮膚炎の治療は幾つもの条件、要因を考慮に入れ行う必要があります。

つまり患者都合での使用は絶対に不可となります。

アトピーに対するステロイド使用に関する誤解や偏見は使う側にも原因があることを理解すべきです

アトピー性皮膚炎は原因自体明確には分かっておらず(遺伝、アレルギー性など)長期的な治療が必要な皮膚疾患です。

 

関連記事:アトピーは遺伝する?

 

しかし近年は早期にステロイドを使った適切な治療、ケアを行う事で寛解の状態を保つことが出来るようになってきました

ただしその為には条件があります。

それは「賢い患者になる」と言う事。

よくある悪いパターンとして次の4つがあります。

1:定期的に来院せず悪くなった時にだけ来院する
2:その際症状が酷いためステロイド外用薬の量が増える
3:日常生活上での自己管理ができない
4:薬にのみ頼ってしまう

 

最後に今日のテーマである「アトピーへのステロイド使用の注意点」について簡潔にまとめてみます。

それは次の3点のみと考えていいでしょう。

1:アトピー性皮膚炎に対する正しい理解(正確な情報)

2:用法、用量を守る(=医師の指示)

3:自己管理を徹底する(保湿や生活習慣)

 

慢性疾患全般に言えることですが、「治す」のは医師でもなく薬でもなく
自分自身であると言うことをちゃんと理解しましょう

そうすれば悩むことなくどんな病気に対しても前向きになれます。

>>皮膚保護フォームはファムズベビー

関連記事

NO IMAGE

アトピーのかゆみの原因

NO IMAGE

アトピーは遺伝する?